日記

2022-05-13 11:12:00

GW中の失敗をお盆までに改善③限界値

GW中の失敗をお盆までに改善②ではオペレーションの軽減の提案をしましたが、スタッフさんの処理能力によるところもあります。「慌てる」と「急ぐ」は意味が違います。「慌てる」はテンパって空回りしている感じです。その間の仕事量は普通~普通以下。はたから見たら見苦しく、何やってるのと思われてしまいます。「急ぐ」はテキパキと仕事をこなし、普段より速いペースで進める感じです。見ていて好印象です。GW中は繁盛店にも数店舗、長時間並んで利用させて頂きました。そこではテキパキと仕事をするスタッフさんの姿が多くみられましたが、オペレーションが回らない状況でした。スタッフさん達の能力は抜群に良いですから、これはもう完全に人数不足で仕事のキャパオーバーです。並びの時間に耐えられないお客様も数組見かけましたので、機会損失もしています。ここで気を付けたいのは、「今回の機会損失はしょうがない」と思っていると危険です。「外食をしに来て混んでいるから諦めよう=家で食事をしよう」ではないです。他の店に行こうなんです。GW中の失敗をお盆までに改善①で紹介した事例で、味も接客も良いのに販促が出来ていない店もあります。そこは味は良いので今後はその店を利用する可能性も出てきます。4人家族一組を逃したとして、家族それぞれが友人や彼氏・彼女を誘って今後も利用してくれたとすると、凄く大きな損失をしたと思うべきです。繁盛店も常に十分な働き手を準備しておくのは無理があると思います。来店が思ったより少ない日なども出てきますので、人手がだぶついて無駄な費用になります。当社のLINE公式×モバイルオーダー連携ブレインレジスターなら、注文業務がセルフなので人件費を抑える事が可能です。